玉生洋一のヨミブロ

ヨミモノ作家タマオのダイレクト情報発信源!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉生洋一への連絡用

玉生にメールを送ったけれどなかなか返答がない……。
メールが届いていないんじゃないか? まさか受信拒否?
そんな時にはこちらにコメントを書き込んでください。

Skype(スカイプ)をお使いの方は
tamao41までご連絡いただいても構いません。

なかなかお返事できない場合もありますが、
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

愛知万博は大阪万博以来の万博?

(※愛知万博の開幕時に書いたメモです)

愛知万博は大阪万博以来の万博などと宣伝されている。
我が心の万博「筑波万博」はなぜ無視されているのか!?
……と疑問に思ったので調べてみた。

すると、どうやら下記の通り「一般博」と「特別博」の違いが理由らしい。
  • 大阪万博(一般博)※テーマを特定していない
  • 筑波科学万博(特別博)※テーマを科学に特定
  • 愛知万博(一般博)

だが、下記サイトには「愛知万博は特別博で申請してある」と書かれている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/愛・地球博
http://www.maing.co.jp/maimai/expo/expo_040401.htm
http://sasapanda.com/toshi/archives/200503/21_0936-1780.php

つまり、
申請中に「特別博」と「一般博」の枠組規定がなくなった。
じゃあ「一般博」ということにしてしまえ!
……というのが真相だったのだ。
なんだかムシがよすぎる話だ。

ニュース番組ではあたりまえのように「大阪万博以来の……」と繰り返しているが、ぜひ、そのあたりのこともきちんと説明して欲しいものだ。


↓以下余談

  • 時間がないなら地上デジタルやBSデジタルのデータ放送で解説を流すとか。
    テレビ放送とインターネットの完全な融合は、まだ機器が対応していないのでもうちょっと先になるだろう。
    だが、現在でもデータ放送があるのだから、こういったコンテンツをライブドアにでも作ってもらえばかなり役立つものができそうだ。

  • 調べているうちに、愛知博がトヨタ博と呼ばれている黒い理由も色々と分かってきた。
    これでは、マスコミ各社がこぞって愛知博賛美を繰り返すのも無理ない話だ。

  • はじめは「なんだこりゃ」と思っていたのに、見れば見るほど味の出てくる愛らしいキャラクター「モリゾーとキッコロ」の背後にも色々と黒いものが渦巻いているのですなぁ。

  • 彼らのデザインはアロンジアロンゾか。『わるい本』を持っているのに気づかなかった。


まぁ色々とあるが、見に行った際には細かいことは抜きにして楽しもうと思う。
まだいつ行けるか分からないけれど。

【便利】蔵書管理ソフトあれこれ~「Delicious Library」と「MediaMan」

「Delicious Library」というMac用の蔵書管理ソフトが各所で熱狂的話題をふりまいているので、早速使ってみた。
http://www.delicious-monster.com/
http://www.yasuhisa.com/could/entries/000625.php
http://sahelnet.weblogs.jp/minttea/2004/12/delicious_libra.html
http://shiozawa.cocolog-nifty.com/shiology/2005/01/286050120_delic.html


●美しい書棚画像(表紙画像を自由に拡大縮小できる)
●iSight(ウェブカメラ)をバーコードリーダー代わりに使い、どんどん書籍データを取り込める
●iTunesのようなインターフェースで書籍データを管理できる(リレーショナルDB)

……などが話題になっているが、なんといっても類書の表示機能が気に入った。
類書の中に所有している本があれば、ドラッグするだけで次々に書籍を登録できるのだ。
この方法ならば、ISBNを入力するどころか、バーコード入力すら必要ない。
すばらしい!

だが、早速シェアウェア登録しようと思ったところ、$40という料金を払うにはちょっと……と思える点もいくつか目についてきた。

●動作が極めて重い!(これが最大の不満)
●ウェブカメラはiSightにしか対応していないらしい(iSightも買わないといけない)
……など。

どんなによいソフトでも、不満点が気になってしまうと購入するには躊躇してしまうものだ(どうせOSがアップグレードされると使わなくなってしまったりするし)。



そこで、Win用でもいいから他にいいソフトはないものかと探してみた。
条件は下記の通り。

<必須>
●表紙画像を並べて閲覧できる。
●カテゴリ分けができる(著者別の書棚などを自由に追加できる)
●書籍の追加日を自動で記録してくれる(最近買った本などをすぐに確認できる)。
●動作が軽い。

<できれば>
●ウェブカメラでバーコード読み取れる
●類書を表示

すると、ダメもとで探し始めたのに、良さそうなソフトが簡単に見つかってしまった。
その名も「MediaMan」。
http://www.imediaman.com/

上記の条件のうち、類書表示機能以外はすべてクリアしている。
リレーショナルDBとしては使えないようだが、ウェブカメラによるバーコード読み取り機能までもある。
これでフリーソフトだというのだからびっくりだ。
動作も軽くサクサク動くので、当分はこちらを利用しながら「Delicious Library」の行方を見守りたい。



<以下、余談>
●メインマシンはMacなので、本当はMac用がいいのだが仕方がない。
 HTMLで書き出せばどんな機種でも閲覧できるし、入力ソフトと割り切れば十分だ。

●どこかに、著者別の書籍ISBNリストなどがあったら便利なのに。
 著者によっては、いったん全書籍データを入力してから持っていない本を除いていった方が早いと思うのだ。

●「Delicious Library」の開発会社は、喫茶店が会社だそうだ。これを真似して、安く事務所を持てないものか。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/business/story/20050119103.html

●ちなみに、今までは「Books」という蔵書管理ソフトを使っていた。
 フリーで各種書き出しに対応しているので便利なのだが、カテゴリ分けができない、蔵書データの追加日を自動記録してくれない、動作がやや重いなどの不満点もあった。
http://books.aetherial.net/

●「MediaMan」のバーコード読み取り機能をちょっと試してみたが、うまくいかなかった。色々と調べてみたのだが、「MediaMan」自体、日本ではあまり普及していないらしい。なぜだろう?

●蔵書管理ソフト一覧(ページの最下部) ※参考にさせていただきました。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/MedFiles/mf_link.htm

【お得情報】PCで無料テレビが見られる時代がやってきた

gyao_130-30.gif

パソコンで無料テレビ放送が楽しめるサービス「GYAO(ギャオ)」が始まっている。

今なら、スタートレックっぽい傑作海外SFドラマ『ファースケープ』が第1話から視聴できる。
日本未放送の第2シーズンも放送してくれないものかと半分願望まじりに思っていたら、今日「6月末に放送決定」という朗報が入った。
日本語字幕もちゃんと付けてくれて(日本ではDVDも未発売だから当然字幕もまだない)、しかも無料なのだから太っ腹だ。

皆でこの新しいテレビ局を応援しよう!

FC2ブログに引っ越しました

一応ウェブの仕事をしている手前、このサイトのブログもブログシステムのMovable Typeを独自にインストールするなどして作っていたが、このたび無料サービスのFC2ブログに移行することにした。

本当は何でも自前でやりたい性格なのだが、MTも3.0から有料になってしまったし、最新のシステムが無料で使えるならばそちらの方がいい……という判断だ。

いざ移行してみると、これが思いの外快適でびっくりしている。
FC2ブログは投稿のたびに再構築する必要がないので、サクサク動いてくれてキモチいい。
最初からこちらで作ればよかった。

サイトも長らく放置状態だったが、これからは手軽に更新できそうだ。
「書く」ことは創作、仕事、趣味、勉強を含めたすべての活動の源なので、どんどん書けるようにしていきたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。